紫外線が肌に与える影響

HOME > 紫外線が肌に与える影響とは

紫外線が肌に与える影響とは

紫外線と言えば殺菌効果があったりブラックライトに使用されていたりすることがありますが女性にとっては肌の大敵とも言われていますので敬遠したいところだと思います。そもそもなぜ紫外線は肌にとって大敵と言われているのでしょうか。実は紫外線は肌を構成している主な成分であるタンパク質を破壊する働きを持っています。一番顕著にその悪影響が出てしまう部分としてはまずコラーゲン繊維と呼ばれる部分があります。コラーゲンと言えば美容成分でお馴染みとなっていますが肌の潤いを保ったりするという働きを持っているのをご存知かと思います。そしてもう一つ弾性繊維と呼ばれる部分にも紫外線は悪影響を及ぼします。この弾性繊維が紫外線によって破壊されてしまうと肌の弾力が損なわれてたるんでしまったりシワの原因になってしまいます。結果として紫外線を長期に浴び続けるとまるで年齢以上に肌が老けこんだ状態へ変わってしまうために如何に紫外線が肌に良くないことが分かるのではないでしょうか。また前述に弾性繊維のことを述べましたが紫外線によって破壊された弾性繊維は再生することがないために是非とも紫外線は避けたいところと言えるでしょう。


    オーガニック化粧品人気
 

PAGE TOP